Xサーバーで使ってないMySQLの確認方法

Xサーバーでワードプレスを自動インストールしたはいいけど、
結局使わなくなったりした場合、ドメイン一覧からドメインを削除してもMySQLは残ってしまいます。

そんな時に簡単に行える、
使っていないMySQLを確認する方法をご紹介。

 

ワードプレスでサイトを作る場合、
サーバーにMySQL(データベース)が作成されますが、
実はサーバーからドメインを削除しただけではMySQLまで削除されません。

どのサーバーもMySQLは制限数があるので、
そのままにしておくとサーバーが重くなったりもありますし、
単純にもったいないので、使っていないMySQLは削除しておきましょう。

使っていないMySQLの確認方法(Xサーバー)

どのドメインがどのMySQLを使っているのかは、
「設定対象ドメイン」⇒「自動インストール」から確認出来るんですが、
すでにドメイン一覧から削除してしまったドメインの場合、
それで確認することは出来ません。

多分、確認する方法はあると思いますが、おそらく面倒なので、
もっと簡単に”削除してしまったドメインがどのMySQLを使っていたのか”を確認する方法をご紹介。

 

まずはXサーバー、サーバーパネルの「MySQL設定」をクリック。

2016y02m16d_084349708

するとMySQL一覧が表示されるので、
ここのデータベース名の下にある米印に注目。

2016y02m16d_084405784

この米印が付いている物は現在使われているMySQLです。

なので、

米印が付いていないデータベースをバンバン消していけばOK。

 

流れとしては、

  1. 使っていないドメインをまずドメイン一覧から削除
  2. 上記の方法で米印が付いていないMySQLを削除

という感じ。

この方法で削除していけば問題ないと思いますが、
使っているMySQLを削除してしまうとシャレにならないので、
十分に注意しながら行ってください。

米印が付いていない方を消すんですよ。

米印が付いている方を消しちゃダメですよ。

 

不安な場合は今使っているドメインのMySQLを
自動インストールから確認しながら消していくと良いかと思います。

 

気になることがあればいつでもどうぞ

LINEグループ作りました

コメントを残す